コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(ち)見 タチミ

デジタル大辞泉の解説

たち‐み【立(ち)見】

立ったままで見物すること。
劇場で、一幕ごとの料金を払い、立ったままで見ること。また、その場所。幕見。一幕見。「立ち見席」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

立(ち)見の関連キーワード静岡県立磐田南高等学校共産党の総選挙方針ヒルズボロの悲劇海の森水上競技場スペイン演劇立見 尚文グローブ座フーリガン菊池雄星野村立栄倉田幽谷立見尚文立ち見席大向こう鉱床学競技場一幕見観客席大向う聾桟敷

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android