コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜池会 りゅうちかい

1件 の用語解説(竜池会の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

竜池会【りゅうちかい】

1879年,日本美術の伝統の擁護と啓蒙を目的として,佐野常民九鬼隆一らが結成した美術団体。1887年日本美術協会と改称。春秋2回に分けて展覧会を催し,最も古い歴史をもつ美術団体として格式の高さを誇った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の竜池会の言及

【内国絵画共進会】より

…維新とそれに続く文明開化の風潮は,日本固有の美術を衰微させたが,やがて反省が起こり伝統保存の機運が高まった。端緒になったのは1877年に開催された内国勧業博覧会の成功と79年に創立した竜池会(古美術の鑑賞と調査のため,佐野常民らによって組織された)の運動であった。東京大学に招聘(しようへい)されたアメリカ人フェノロサが竜池会で講演し,洋画を排して日本画を尊重すべきことを説いたことが,その機運をいちじるしく助長した。…

【明治・大正時代美術】より

…彼らによって,美術工業育成の理論化,内国勧業博覧会創設の準備(勧業博覧会),各県の工業(芸)学校開設,工芸品製作輸出会社・起立工商会社の設立,個別な科学的製作技術の移植などが行われた。また,79年に佐野を中心にして竜池会(のちの日本美術協会)が結成され,87年に始まるその公募展は,工芸に関しては明治期を通じて新人の登竜門となっていった。 明治初年,すでに蒔絵の柴田是真や彫金の加納夏雄は,名工として世に知られていたが,大多数の工芸職人たちはこうした工芸振興策をあしがかりとして頭角を現していった。…

※「竜池会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竜池会の関連キーワード国立国際美術館天工開物伝統主義日本美術院金沢美術工芸大学院展蒙を啓くビゲロー村田徳次郎吉村貞司

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone