コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜田祭 たつたまつり

1件 の用語解説(竜田祭の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たつたまつり【竜田祭】

〈神祇令〉(701成立)に定められた祭祀の一つで,風神祭(かぜのかみまつり)ともいう。奈良県生駒郡三郷町立野に鎮座する竜田神社(現,竜田大社)で孟夏(4月)と孟秋(7月)の2度行われた。朝廷より使いを差遣して祭りを行わせるもので,《延喜式》では4月,7月とも4日に行うと規定した。また同書に載せる〈竜田風神祭祝詞〉によれば,竜田の小野に天御柱(あめのみはしら)命,国御柱命をまつったことを述べ,竜田の神に幣帛をたてまつって,天下公民のつくる稲が悪風,荒水にあわぬよう祈っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竜田祭の関連キーワード式年祭神祇官神祇伯主神規程神祇神祇省臨港地区Interface公定分析法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone