コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風神 フウジン

百科事典マイペディアの解説

風神【ふうじん】

古くは風伯風師とも。風の神。中国では箕星(きせい)(今日のいて座)を風害よけにまつり,秦,漢以後は敏速善走の人物飛廉を風伯に擬した。日本では裸で風袋をかつぎ天空をかける姿で描かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

風神

三菱電機のサイクロン式掃除機のシリーズ名。遠心力でごみを3段階に分離し吸引力の低下や排気の汚れを防ぐ機能やダストボックスの分解水洗い機能などを搭載。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふうしん【風神 fēng shén】

いわゆる〈風の神〉をいう。中国では,風伯,風師ともいい,飛廉,箕伯などの名で呼ばれる。風は大気の動きであり,日々の天候や時節移り変りと深いかかわりがあるので,古くからとくに注意をはらわれており,東西南北の四方にそれぞれの風神が考えられた。甲骨文では,鳳形の鳥によって示されており,古くは鳥形の神と考えられたらしい。殷代では,犬を犠牲としてこれを祭ることが多く,後世,風を止めるのに,大道で犬を磔(たく)する習俗となって残った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふうじん【風神】

風をつかさどる神。一般に裸形で風袋をかつぎ天空を駆ける姿にかたどる。風の神。風伯。
風格。 「 -高邁」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風神
ふうしん

風をつかさどる神。古代中国では風伯(ふうはく)といい、つねに雨の神「雨師(うし)」とともに、丙戌(ひのえいぬ)の日に西北で祭るという慣行があった。わが国では主として雷神と対(つい)にして考え、中世にはこの二神を鬼形に表現した絵や彫像も発達した。
 風神の社として古く著名であったのは大和(やまと)(奈良県)の龍田比古(たつたひこ)神社・龍田比女(ひめ)神社で、『延喜式(えんぎしき)』には四時祭式(しじさいしき)にその祭式規定があり、祝詞(のりと)式にその祝詞の全文が収められている。伊勢(いせ)の内宮(ないくう)・外宮(げくう)にはともに別宮(べつぐう)として風宮(かぜのみや)があり、かの元寇(げんこう)のときにはここから神風が吹いたという伝承がある。信州(長野県)の諏訪(すわ)大社も風の宮といわれ、このほうではもっぱら風の害のないことが祈念された。近代に入ってからでも風祭りとか風祈祷(きとう)といって、風害のないことを祈る風(ふう)は多かった。その時期は主として二百十日前後であったが、所によっては5月・6月、あるいは春先にもこれを行っていた。その祭りに念仏踊が結び付いている例もある。[石塚尊俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の風神の言及

【バーユ】より

…ヒンドゥー教の風神。〈風天〉と漢訳される。…

【方位】より

…それ以前には地図の方位基準は一定でなく,その時代の世界観を表し,たとえば東方の地上楽園を地図のいちばん上に置いた中世ヨーロッパの地図や,南が上になっているイスラム世界の地図などがみられる。方位記号も頰をふくらませて息を吹きつけている風神の顔や文字がそれぞれの位置に配されている例がみられる。方位観念には,地域,時代によりさまざまな基準によるものがある。…

※「風神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

風神の関連キーワードエキスポランド・ジェットコースター死傷事故京都府京都市東山区小松町エキスポランド事故奈良県生駒郡三郷町おわら風の盆アイオロスエオルス音フンシェン風神雷神図会津唐人凧三菱電機加藤栄三竜田大社ふうてん竜田神社俵屋宗達穀・穀物龍田大社広瀬神社天御柱神

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風神の関連情報