コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大忌祭 おおいみのまつり

世界大百科事典 第2版の解説

おおいみのまつり【大忌祭】

律令時代の宮廷の四時祭(しじさい)の一つで,大和国広瀬神社(奈良県北葛城郡河合町)でおこなわれた神事。広瀬大忌祭ともいう。神祇令の規定では,竜田大社の風神祭と並んで4月,7月の4日に小祀として営まれた。675年(天武4)4月に風神を竜田に,大忌神を広瀬の河曲にまつったのが起源で,以後平安時代末まで毎年おこなわれたことが,六国史や《西宮記》《北山抄》などにみえる。奈良盆地を流れる飛鳥川初瀬川など諸河川の合流点の河合地に農業用水の神として広瀬大忌神(若宇加能売(わかうかのめ)命をはじめとする広瀬神社祭神の総称)を田植の前と刈入れの前と2度まつったもので,竜田風神祭とともに稲作儀礼を掌握する国家的祭祀として重視された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大忌祭
おおいみのまつり

奈良県北葛城(かつらぎ)郡河合(かわい)町川合(かわい)の広瀬(ひろせ)神社で、8月21日に行われる年穀豊穣(ほうじょう)祈願の祭り。もとは4月と7月の各4日に、広瀬神社と龍田(たつた)大社(生駒(いこま)郡三郷(さんごう)町立野(たつの))で同時に行った。古くから広瀬神社は水の神、龍田大社は風の神として、両社並び称され、五穀豊穣の守護神として信仰された。『令義解(りょうのぎげ)』巻2「神祇(じんぎ)令」に「大忌祭、謂広瀬竜田二祭也、欲令山谷水変‐成甘水、浸潤苗稼、得其全稔、故有此祭也」とある。『日本書紀』天武(てんむ)天皇4年(675)4月条に両社祭祀(さいし)の記事がみえ、その起源もこのころに想定される。しかし、『延喜式(えんぎしき)』巻2「四時(しじ)祭式」には「大忌祭一座、広瀬社、七月准此」とあり、平安時代にはすでに広瀬神社で7月に行われるだけになった。[倉林正次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大忌祭の関連キーワード御戸代・御刀代和し・柔し赤丹の秀龍田大社大物忌神豊栄登り広瀬祭大御宝甘い和し和稲荒稲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android