竜田大社(読み)たつたたいしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜田大社
たつたたいしゃ

奈良県三郷町に鎮座する元官幣大社。竜田風神ともいう。祭神はアメノミハシラノミコト,クニノミハシラノミコト。五穀豊作の神,風の神として古くから崇敬される。例祭4月4日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

竜田大社【たつたたいしゃ】

奈良県三郷町に鎮座。旧官幣大社。天御柱(あめのみはしら)命とその妃国御柱命をまつる。崇神天皇の時,竜田風神としてまつられたという。延喜式内の名神大社。例祭(滝祭)は4月4日であるが,7月4日の風鎮祭は天武朝の創始といい,多くの参拝者がある。法隆寺の近くの竜田神社は摂社。
→関連項目風祭三郷[町]広瀬神社

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たつたたいしゃ【竜田大社】

奈良県生駒郡三郷町立野に鎮座。旧官幣大社。天御柱(あめのみはしら)命,国御柱命をまつる。《延喜式》に〈竜田坐天御柱国御柱神社〉とある名神大社で,月次(つきなみ)・新嘗幣帛を受けている。《延喜式》の祝詞によると,崇神天皇のとき,凶作が続いたので天皇が悩み,夢にこの神をまつると豊作になるとのお告げがあって,〈吾を朝日の日向ふ処,夕日の日隠る処の竜田の立野の小野にいつきまつれ〉との神告によって,その場所に神殿を造り建てたのが本社の起源であると伝えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竜田大社の関連情報