コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端手 ハタデ

デジタル大辞泉の解説

はた‐で【端手】

建物の端の張り出している部分。軒、または腕木か。
「大宮の彼(をと)つ―隅傾けり」〈・下・歌謡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

端手の関連キーワード三味線本手柳川検校医者坊主のっしり囀る片撥破手

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

端手の関連情報