コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢柄/矢幹/簳 ヤガラ

デジタル大辞泉の解説

や‐がら【矢柄/矢幹/×簳】

矢の幹。鏃(やじり)と羽根を除いた部分。普通は篠竹(しのだけ)で作る。(の)。矢篦
(「簳魚」とも書く)ヨウジウオ目ヤガラ科の海水魚の総称。体は細長くて縦扁し、吻(ふん)管状で長く、尾びれ中央の軟条糸状に長く伸びている。体色赤褐色アカヤガラ青みを帯びた黄褐色アオヤガラが本州中部以南に分布し、ともに全長約1.5メートル。椀種(わんだね)などにする。
植物ミクリの別名。
矢柄投げ」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

矢柄 (ヤガラ)

動物。ヤガラ科海水魚の総称

矢柄 (ヤガラ)

植物。カヤツリグサ科の多年草,薬用植物。ハマスゲの別称

矢柄 (ヤガラ)

植物。ミクリ科の抽水性多年草,薬用植物。ミクリの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

矢柄/矢幹/簳の関連キーワードオニオン・ポーテージヤガラ(矢柄)蟇目柄・蟆目柄塗り篦・塗り箆縄文時代草創期矢柄・矢幹・簳差し矢・差矢黒土地帯文化篦中・箆中矢竹・箭竹クバン文化矢じり∥鏃矢篦・矢箆堅篦・堅箆ウキヤガラ大鹿窪遺跡椛の湖遺跡倉敷化工矢羽根文矢柄責め

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android