コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢柄/矢幹/簳 ヤガラ

1件 の用語解説(矢柄/矢幹/簳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

や‐がら【矢柄/矢幹/×簳】

矢の幹。鏃(やじり)と羽根を除いた部分。普通は篠竹(しのだけ)で作る。篦(の)。矢篦。
(「簳魚」とも書く)ヨウジウオ目ヤガラ科の海水魚の総称。体は細長くて縦扁し、吻(ふん)も管状で長く、尾びれ中央の軟条が糸状に長く伸びている。体色が赤褐色アカヤガラ、青みを帯びた黄褐色のアオヤガラが本州中部以南に分布し、ともに全長約1.5メートル椀種(わんだね)などにする。
植物ミクリの別名。
矢柄投げ」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone