コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢柄/矢幹/簳 ヤガラ

デジタル大辞泉の解説

や‐がら【矢柄/矢幹/×簳】

矢の幹。鏃(やじり)と羽根を除いた部分。普通は篠竹(しのだけ)で作る。(の)。矢篦
(「簳魚」とも書く)ヨウジウオ目ヤガラ科の海水魚の総称。体は細長くて縦扁し、吻(ふん)管状で長く、尾びれ中央の軟条糸状に長く伸びている。体色赤褐色アカヤガラ青みを帯びた黄褐色アオヤガラが本州中部以南に分布し、ともに全長約1.5メートル。椀種(わんだね)などにする。
植物ミクリの別名。
矢柄投げ」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android