コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端春荘 たん しゅんそう

1件 の用語解説(端春荘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

端春荘 たん-しゅんそう

1732-1790 江戸時代中期の漢学者。
享保(きょうほう)17年生まれ。近江(おうみ)の人(一説に江戸の人)。京都で清田儋叟(せいた-たんそう)にまなぶ。書店を経営したが,天明8年の火災で家産をうしなう。六如(りくにょ)とまじわり,詩作にすぐれた。寛政2年3月6日死去。59歳。名は隆。字(あざな)は文仲。通称は順助。著作に「春荘遺稿」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

端春荘の関連キーワード筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺多紀元悳大村藩カント(年譜)ヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone