コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端春荘 たん しゅんそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

端春荘 たん-しゅんそう

1732-1790 江戸時代中期の漢学者。
享保(きょうほう)17年生まれ。近江(おうみ)の人(一説に江戸の人)。京都で清田儋叟(せいた-たんそう)にまなぶ。書店を経営したが,天明8年の火災で家産をうしなう。六如(りくにょ)とまじわり,詩作にすぐれた。寛政2年3月6日死去。59歳。名は隆。字(あざな)は文仲。通称は順助。著作に「春荘遺稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android