コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内正兵衛 たけのうち しょうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内正兵衛 たけのうち-しょうべえ

1819-1864 幕末の武士。
文政2年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士元治(げんじ)元年禁門の変で敗れて帰国。恭順派が藩の政権をにぎったため野山獄に投獄され,同年11月12日処刑された。46歳。本姓は八谷(やたがい)。名は清喜(記),勝愛。号は竹叢,至愚。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

竹内正兵衛

没年:元治1.11.12(1864.12.10)
生年文政2(1819)
幕末の長州(萩)藩士。藩要路にあって尊攘運動を支援。元治1(1864)年福原越後の軍の参謀として上洛,禁門の変に敗れ帰藩。第1次長州征討下に誕生した佐幕派藩庁により処刑された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

竹内正兵衛の関連キーワード没年

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android