竹取翁物語解(読み)タケトリノオキナノモノガタリカイ

大辞林 第三版の解説

たけとりのおきなのものがたりかい【竹取翁物語解】

竹取物語の注釈書。六巻。田中大秀著。1826年成立、31年刊。物語を九段に分けて注釈。本居宣長らの説を取り入れた、類書中もっとも詳細かつ正確な注釈書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たけとりのおきなのものがたりかい【竹取翁物語解】

「竹取物語」の注釈書。六巻。田中大秀著。文政九年(一八二六)成立。天保二年(一八三一)刊。小山儀(ただし)の「竹取物語抄」に自説を加えたものをもとに、さらに諸本を校合し、語句の解釈、諸説の集成統一を行なったもの。類書中もっとも精細である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android