竹本常松(読み)たけもと つねまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本常松 たけもと-つねまつ

1913-1989 昭和時代の薬学者。
大正2年1月28日生まれ。大阪薬専,阪大,東北大の教授を歴任,昭和51年東北大の初代薬学部長となる。のち徳島文理大教授。海人草から回虫駆除薬の成分カイニン酸を,植物から昆虫変態ホルモンを抽出した。平成元年1月23日死去。75歳。大阪出身。大阪薬専(現阪大)卒。著作に「薬になる植物のはなし」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android