コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海人草 カイジンソウ

デジタル大辞泉の解説

かいじん‐そう〔‐サウ〕【海人草】

かいにんそう(海人草)

かいにん‐そう〔‐サウ〕【海人草】

紅藻の一種、マクリの別名。回虫駆除薬に用いる。かいじんそう。

まくり【海草/海草】

フジマツモ科の紅藻暖海岩礁に着生し、高さ5~25センチ。体は不規則に枝分かれし、剛毛状の小枝で覆われる。海人酸(かいにんさん)を含有し、煎(せん)じ汁を回虫駆除薬とする。かいにんそう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海人草 (カイニンソウ・カイジンソウ;マクリ)

学名:Digenea simplex
植物。フジマツモ科の薬用藻,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

海人草の関連キーワードピロリジンアルカロイドマクリ(海人草)田中 正鐸竹本 常松カイニン酸竹本常松田中正鐸松原慶輔乳つけまくり

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android