竹本石亭(読み)たけもと せきてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本石亭 たけもと-せきてい

1822-1888 江戸後期-明治時代の日本画家。
文政5年1月9日生まれ。幕臣。相沢石湖にまなび,文人画狩野(かのう)派,土佐派の画風を折衷した画をえがいた。また国学井上頼囶(よりくに)に,和歌を林甕臣にまなび,詩文をよくした。明治21年1月1日死去。67歳。名は正興。通称は又八郎。別号に対松堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる