コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上頼囶 いのうえ よりくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上頼囶 いのうえ-よりくに

1839-1914 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)10年2月18日生まれ。平田銕胤(かねたね),権田(ごんだ)直助らにまなぶ。明治2年大学中助教。15年皇典講究所の設立に参画。「古事類苑(るいえん)」の編集にたずさわったのち,学習院教授,宮内省図書寮編修課長などをつとめた。大正3年7月4日死去。76歳。江戸出身。字(あざな)は伯随,厚載。通称は肥後,鉄直。号は一賀など。著作に「後宮制度沿革考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上頼
いのうえよりくに
(1839―1914)

幕末・明治時代の国学者。通称は大学、肥後(ひご)。天保(てんぽう)10年2月18日江戸・神田に生まれ、幼少より学問に親しんだ。長唄(ながうた)や武術など余芸にも優れ、長じて平田篤胤(ひらたあつたね)の気吹舎(いぶきのや)に入門、国学を学ぶ。また権田直助(ごんだなおすけ)のもとで医道にも励んだ。明治維新後、私塾神習舎(じんしゅうしゃ)を開くほか、教部省出仕、大神(おおみわ)神社少宮司を歴任。ついで宮内省に移り、矢野玄道(やのはるみち)とともに系図編纂(へんさん)に従事するかたわら、国学、神道界の重鎮として皇典講究所(現、国学院大学)設立や『古事類苑(こじるいえん)』編集などに努力した。大正3年7月4日没。著書に『後宮制度沿革考』などがある。[阪本是丸]
『田辺勝哉編・刊『井上頼翁小伝』(1921)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

井上頼囶の関連キーワード井上登羅子斎藤普春斎藤真指竹本石亭水野秋彦今泉有善山本泰明小島盛可大井田斉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android