竹村悔斎(読み)たけむら かいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹村悔斎 たけむら-かいさい

1785-1820 江戸時代後期の儒者。
天明5年生まれ。家は代々三河(愛知県)挙母(ころも)藩医林述斎,佐藤一斎にまなぶ。藩主侍講となり,また藩士子弟をおしえる。藩の権臣とあらそい文政3年1月15日自殺した。36歳。名は蕡。字(あざな)は伯実。通称は海蔵別号に螾可。著作に「奚所須窩遺稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android