コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挙母 ころも

6件 の用語解説(挙母の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

挙母
ころも

「豊田〔市〕」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ころも【挙母】

愛知県豊田(とよた)市の旧称。→豊田

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

挙母【ころも】

豊田(とよた)[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ころも【挙母】

愛知県豊田とよた市の旧名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕挙母(ころも)


愛知県豊田(とよた)市中心部の旧称。古く『古事記』垂仁(すいにん)天皇の項に「許呂母(ころも)の別(わけ)」の名が載り、平安前期の『和名抄(わみょうしょう)』国郡郷部には尾張(おわり)国賀茂(かも)郡八郷の一つに挙母郷が記され、古代から中世まで「衣」や「挙呂母」などとも称された。江戸初期の1604年(慶長(けいちょう)9)、挙母城に三宅(みやけ)氏が1万石で封じられて城下町が形成され、以後、譜代本多(ほんだ)氏1万石、内藤(ないとう)氏2万石の小城下町ながら西三河地方の要衝として発展。1938年(昭和13)にトヨタ自動車の工場が誘致され、以後、自動車工業の拠点として大発展。1951年(昭和26)に挙母市として市制施行したが、市議会議員・商工関係者から市名改称の気運が盛り上がり、市民各層からの反対の声を押し切って1959年(昭和34)1月1日、「豊田市」と改名された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

挙母
ころも

愛知県豊田(とよた)市の旧称。旧挙母市。1959年(昭和34)に挙母市から豊田市に改称。古くは衣(ころも)、許呂母とも書いた。挙母藩2万石の城下町で、繊維の町から自動車の町へ転換した。現在も矢作(やはぎ)川西岸の町名に挙母の地名は残っている。挙母神社の挙母祭りの山車(だし)は県の有形民俗文化財となっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

挙母の関連キーワード豊田愛知県豊田市池田町愛知県豊田市トヨタ町愛知県豊田市中金町愛知県豊田市中切町愛知県豊田市中島町愛知県豊田市中田町愛知県豊田市中根町愛知県豊田市中町愛知県豊田市若宮町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

挙母の関連情報