コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹杖外道 チクジョウゲドウ

デジタル大辞泉の解説

ちくじょう‐げどう〔チクヂヤウゲダウ〕【竹×杖外道】

釈迦(しゃか)十弟子中、神通第一とされた目犍連(もくけんれん)を竹の杖で打ち殺したという異教行者

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちくじょうげどう【竹杖外道】

釈迦の十大弟子のうちで神通第一といわれた目犍連もくけんれんを、竹杖で打ち殺した外道の行者。執杖梵士。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

竹杖外道の関連キーワード阿国御前化粧鏡十大弟子外道釈迦竹杖

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android