目犍連(読み)もくけんれん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目犍連
もくけんれん

インドの。略称は目連サンスクリット語 Maudgalyāyanaの音写。釈尊十大弟子の一人。バラモンの家に生まれ,初め六師外道の一人である懐疑論者サンジャヤの弟子であった。のち友人の舎利弗 (しゃりほつ) に誘われて仏弟子となり,教団の長老として教化に努め,神通第一と称された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もくけんれん【目犍連】

《〈梵〉Mahāmaudgalyāyanaの音写、「摩訶目犍連」の略》前5世紀ごろのインドの僧。マガダ国バラモンの出身。釈迦十大弟子の一人となり、神通(じんずう)第一といわれた。餓鬼道に苦しむ母を救うため、自恣(じし)の日に多くの僧を集めて供養したといわれ、これが盂蘭盆会の起こりとされる。大目犍連。目連。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もくけんれん【目犍連】

釈迦の十大弟子の一人。マガダ国のバラモンの出身。はじめ懐疑論者サンジャヤの弟子であったが、仏弟子となり神通第一と称される。彼が餓鬼道におちた母を救うために供養した行法が盂蘭盆会うらぼんえの起源といわれる。目連。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


もくけんれん

釈迦(しゃか)の十大弟子の一人。サンスクリット語マウドガリヤーヤナMaudgalyyanaの音写。大目連ともいい、目連と略称もする。マガダ国のバラモンの出身。シャーリプトラriputra(舎利弗(しゃりほつ))とともに、懐疑論者サンジャヤSajayaの弟子となり、当初、マガダ国では釈迦より有名であったが、シャーリプトラとマウドガリヤーヤナを弟子にした釈迦は一躍有名になった。マウドガリヤーヤナは超自然的能力に優れ、修行の結果、神通(じんずう)第一といわれるに至った。多くの仏教信者を獲得したらしく、ある日、托鉢(たくはつ)に出かけたとき、執杖(しゅうじょう)バラモンたちがみつけて、「彼さえいなければ、釈迦の教団は終わり」であるといって、彼を半死半生のめにあわせ、それがもとで釈迦在世中に没した。後世『盂蘭盆経(うらぼんぎょう)』ができ、目連が餓鬼道に落ちた母を救うという伝説がつくられ、お盆(盂蘭盆会(え))の起源とされるに至った。[石上善應]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

もくけんれん【目犍連】

(Mahāmaudgalyāyana の音訳「摩訶目犍連」の略。大目犍連・目連とも) 仏教の開祖釈迦の十大弟子の一人。中インドのマガダ国のバラモンの出身。舎利弗(しゃりほつ)とともに仏弟子となった。神通第一といわれる。盂蘭盆会(うらぼんえ)は、かれが餓鬼道に落ちて苦しんでいた母を救うことができたという伝承に基づく。目連。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android