コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笑っていいとも! わらっていいとも

1件 の用語解説(笑っていいとも!の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

笑っていいとも!

タレントのタモリ(森田一義)が司会を務める、フジテレビ系列のバラエティー番組。1982年10月4日にスタートし、月曜から金曜まで毎日正午から生放送されている。2002年4月に5000回を達成し、タモリは「生放送単独司会」の世界記録としてギネスブックに認定された。10年2月には7000回を達成してなお記録を更新中だが、14年3月いっぱいで終了することが番組で発表された。
正式な番組名は「森田一義アワー 笑っていいとも!」。タモリが日替わりゲストトークする「テレフォンショッキング」のほか、レギュラーやゲストのタレントらによる企画や視聴者参加のコーナーなどがある。番組は、客席との距離が近い東京・新宿のスタジオアルタから公開生放送で行われ、観覧する客とのやりとりも見られる
番組は、お笑いブームの中、若者に支持された「笑ってる場合ですよ!」の後番組として始まった。初代プロデューサーの横澤彪の提案で、深夜放送パーソナリティとして人気のあったタモリを起用。放送開始直後は視聴率が低迷したが、間もなく「テレフォンショッキング」が注目を集めた。ゲストが番組中に「友達」に電話し、次回のゲストとして来てもらうスタイルは、「来てくれるかな」「いいとも!」というお定まりのフレーズと共に定着し、出演者には花輪や祝電が届くようになった。役者らが出演番組や映画の宣伝のためにバラエティー番組に出演する手法の先駆けにもなった。番組の平均世帯視聴率は1988年に同番組最高の27.9%を記録し、年間最高視聴率は2001年までおおむね20%台を維持してきたが、近年は低下傾向にあり12年の最高は11.6%だった(関東地区、ビデオリサーチ調べ。同社の許諾を得て掲載)。31年以上続く長寿番組の放送回数は、8000回を超える見通しである。

(原田英美 ライター / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笑っていいとも!の関連キーワードロンパールームガチャガチャポン!大!天才てれびくんてれび絵本テレビの旅とんでけグッチョンパ母と子のテレビ絵本ポンキッキポンキッキーズまんがジョッキー

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笑っていいとも!の関連情報