笑の中の刀(読み)えみのうちのかたな

  • =剣(つるぎ)
  • えみ
  • の 中(うち)の=刀(かたな)

精選版 日本国語大辞典の解説

(唐の李義府がうわべはおだやかで、内心が陰険であったのを、時の人がそしったという「新唐書‐姦臣伝・上・李義府」の「義府貌柔恭、与人言。而陰賊褊忌著于心、凡忤意者、皆中傷之、時号義府笑中刀」とある故事から) 表面では物柔らかに笑ったりしていて、内心ではひそかに人を害しようと思っていることのたとえにいう。えみのうちにやいばをかくす。
※新撰六帖(1244頃)五「何事を思ひけりともしられじなゑみのうちにも刀やはなき〈藤原家良〉」 〔白居易‐不如来飲酒詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android