笑の中の刀(読み)えみのうちのかたな

  • =剣(つるぎ)
  • えみ
  • の 中(うち)の=刀(かたな)

精選版 日本国語大辞典の解説

(唐の李義府がうわべはおだやかで、内心が陰険であったのを、時の人がそしったという「新唐書‐姦臣伝・上・李義府」の「義府貌柔恭、与人言。而陰賊褊忌著于心、凡忤意者、皆中傷之、時号義府笑中刀」とある故事から) 表面では物柔らかに笑ったりしていて、内心ではひそかに人を害しようと思っていることのたとえにいう。えみのうちにやいばをかくす。
※新撰六帖(1244頃)五「何事を思ひけりともしられじなゑみのうちにも刀やはなき〈藤原家良〉」 〔白居易‐不如来飲酒詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android