笠井叡(読み)かさい あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠井叡 かさい-あきら

1943- 昭和後期-平成時代の舞踊家。
昭和18年11月25日生まれ。大野一雄,土方巽(ひじかた-たつみ)ら暗黒舞踏派と共演。昭和46年天使館を設立,「磔刑聖母」「稚児草子」などを発表して注目される。54年ドイツにわたりシュタイナーが創始した運動芸術オイリュトミーをまなぶ。帰国後その普及活動を展開。26年「日本国憲法を踊る」などで芸術選奨文部科学大臣賞。三重県出身。明治学院大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笠井叡の関連情報