コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野一雄 おおのかずお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大野一雄
おおのかずお

[生]1906.10.27. 北海道,函館
[没]2010.6.1. 神奈川,横浜
舞踏家。前衛舞踊「舞踏」の名を世界に知らしめた一人。網元の長男として生まれた。1925年旧制大館中学校,1929年日本体育会体操学校を卒業。横浜市内の私立学校に体育教師として勤めながら 1年間石井漠舞踊研究所(→石井漠)でダンスを学んだ。1936年に江口隆哉,宮操子の舞踊研究所に入ったが召集されて舞踊活動を中断,第2次世界大戦後に復帰する。その間の 1930年に受洗。1949年に初のリサイタルを行なった。1954年頃土方巽と出会い,「舞踏」のスタイルを生み出した。1977年初演の代表作,スペイン舞踊の革新者ラ・アルヘンティーナに捧げられた『ラ・アルヘンチーナ頌』は土方巽の演出で,白塗りの女装姿で踊る。この作品は海外の芸術家に衝撃を与え,高い評価を得てヨーロッパアメリカ合衆国など世界各国に活躍の場を広げた。土方巽などの暗黒舞踏派や笠井叡らに強い影響を与えた。代表作に『わたしお母さん』『死海 ウインナーワルツと幽霊』『睡蓮』など。1999年ミケランジェロ・アントニオーニ芸術賞,2002年朝日舞台芸術賞特別賞を受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおの‐かずお〔おほのかずを〕【大野一雄】

[1906~2010]舞踏家。北海道の生まれ。江口隆哉(たかや)に師事。昭和36年(1961)からは、土方巽(ひじかたたつみ)との共演などで舞踏界に大きな影響を与えた。海外公演も多く、特にヨーロッパで高い評価を得た。作品に「わたしのお母さん」「死海」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大野一雄【おおのかずお】

舞踏家。函館市生れ。日本体育会体操学校修了後教師となる一方,江口隆哉に師事してドイツ表現主義舞踊を知る。第2次大戦応召をへて,戦後《エルンスト家の塑像》《タンゴ》などを発表。
→関連項目シュミット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野一雄 おおの-かずお

1906-2010 昭和-平成時代の舞踊家。
明治39年10月27日生まれ。江口隆哉に師事。体育教師をつとめながら舞踊家をこころざす。復員後の昭和24年初リサイタルをひらき,36年から暗黒舞踏派の土方巽(ひじかた-たつみ)らの作品に出演。52年「ラ・アルヘンチーナ頌(しょう)」を発表。海外公演もおおい。平成10年能楽師観世栄夫(ひでお)と新作能「無」を共演。平成22年6月1日死去。103歳。北海道出身。日本体育会体操学校(現日体大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大野一雄
おおのかずお
(1906―2010)

舞踊家。函館(はこだて)に生まれる。江口隆哉(たかや)に師事し、第二次世界大戦後、舞踊界に復帰。『タンゴ』『街角』『老人と海』を発表、若い舞踊家に大きな影響を与えた。1960年代初期に土方巽(ひじかたたつみ)の協力者として「舞踏」というジャンルが生まれる発端をつくった。その後も土方巽の作品に共演するが、約20年間自身の作品を発表せず、1977年(昭和52)に突然『アルヘンチーナ頌(しょう)』を上演し、再復帰した。1980年フランスのナンシー演劇祭に招待され、高い評価を受け、ヨーロッパにおける舞踏ブームのきっかけをつくる。作品に『わたしのお母さん』『お膳(ぜん)』『水蓮(すいれん)』『死海』などがある。[國吉和子]
『大野一雄著『舞踏譜―御殿、空を飛ぶ』(1992・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大野一雄の関連キーワード児童雑誌生田長江小松耕輔島村抱月ドールンブルックベアトヘボンメッケルセリエイト組織

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大野一雄の関連情報