コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

符牌 ふはいfú pái

1件 の用語解説(符牌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふはい【符牌 fú pái】

中国で古くから行われた各種の証明物件の総称。牌符ともいう。符は割符形式,牌は単独形式で,いずれも銅,金,銀,竹,木,帛(きぬ),紙などで作られ,政府の徴発,駅伝,旅行,貿易,城門出入などの際に証明として用いられた。すでに戦国時代にはその存在が知られているが,漢の文帝後2年(前162)に銅虎符などがつくられて制度化された。銅虎符は銅制虎形の左右2片からなり,右片は朝廷,左片は地方官に与え,軍兵徴発の際に使者に右片を持たせて地方にやり,左片と合わせて真偽を知るものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone