コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駅伝(読み)エキデン

百科事典マイペディアの解説

駅伝【えきでん】

近代以前の交通・通信制度。中国では古く春秋戦国時代から,一定距離ごとに駅・伝を設け,公文書の送達や官吏の宿泊などに備えた。もともと駅は馬を,伝は車を利用したという。漢代から唐代にかけて大いに発達し,モンゴル帝国が成立すると,広大な領域にジャムチと呼ぶ駅伝の制を設け,東西の交通を便にした。日本では古代律令制下に駅馬伝馬(てんま)の制がみられ,ヨーロッパではアケメネス朝ペルシアとローマ帝国において,最も完備した制度をもった。
→関連項目駅・駅家宿・宿駅郵便

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

えきでん【駅伝】

「駅伝競走」の略。
律令制における駅制と伝馬てんまの制。うまやづたい。 → 駅制伝馬
中国で秦漢時代からある交通制度。都を中心とした幹線道路あるいは水路に等間隔に駅を設けて駅馬・駅船を置き、官吏の往来、公文書の伝達などを速やかにした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駅伝の関連情報