コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牌符 はいふPai-fu; P`ai-fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牌符
はいふ
Pai-fu; P`ai-fu

中国で使者などが信任状として携行したもの。戦国時代に虎符があったが,明確には前漢の文帝の後元2 (前 162) 年の銅虎符と竹使符が起源。前者は軍兵徴発用,後者はその他の徴発用。ともに一半は朝廷におき,一半は地方官に渡し,地方官は使者持参の一半の符を自己のそれと合せて一符となれば真の使者と知るわけである。ほかに単独で用いる木伝信があった。漢代は牌符の制が整備され,唐代にはその種類もふえた。大領土を結ぶ発達した駅伝に使う必要から牌符の制が完備した元では金虎符,金符,銀符,円符,海青符など割符としてではなく,牌として単独に使われた。明・清の牌符の制も完備していたが,種類は前代と似ていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の牌符の言及

【符牌】より

…中国で古くから行われた各種の証明物件の総称。牌符ともいう。符は割符形式,牌は単独形式で,いずれも銅,金,銀,竹,木,帛(きぬ),紙などで作られ,政府の徴発,駅伝,旅行,貿易,城門出入などの際に証明として用いられた。…

※「牌符」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone