コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第一三共[株] だいいちさんきょう

百科事典マイペディアの解説

第一三共[株]【だいいちさんきょう】

2005年9月,三共[株]と第一製薬が経営統合してできた共同持株会社。売上高は国内業界2位。高脂血症治療薬メバロチン,降圧剤オルメサルタン,抗菌剤クラビットなどが主柱。2006年3月,アステラス製薬[株]が全額出資する一般用医薬品事業子会社ゼファーマ(本社東京)の買収を発表,大衆薬事業にも注力。2006年4月,両社のヘルスケア事業を統合した第一三共ヘルスケア[株]が営業を開始。2007年4月までに海外子会社の統合などを行い,完全統合を目指す。新薬開発には巨額の開発資金が必要とされるなか,国内および海外市場での競争力強化,そしてファイザーなど海外の巨大製薬会社の日本市場進出に対応するための大型合併として注目された。本社東京。2011年資本金500億円,2011年3月期連結売上高9673億円。売上構成(%)は,医薬品・第一三共グループ82,医薬品・ランバクシーグループ18。海外売上比率51%。
→関連項目アステラス製薬[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android