コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第二種永久機関 だいにしゅえいきゅうきかんperpetual engine of the second kind

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第二種永久機関
だいにしゅえいきゅうきかん
perpetual engine of the second kind

熱源から得た熱エネルギーを完全に力学的仕事など他の形のエネルギーに転換する仮想的な装置。第一種永久機関の可能性はエネルギー保存則によって否定されたが,この保存則に反しない永久機関がつくられれば,大気や大洋のような無尽蔵の熱源から無限の仕事が得られることになる。しかし,19世紀後半に確立された熱力学第二法則によって,この種の永久機関は否定された。第二法則では,熱エネルギーは分子運動のような無秩序のなかに散逸されていて,これを秩序的で有用な力学的エネルギーなどに完全には転換できないことが示されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

第二種永久機関の関連キーワード永久運動

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android