第三国人(読み)ダイサンゴクジン

デジタル大辞泉の解説

だいさんごく‐じん【第三国人】

第三国の人。特に、第二次大戦後、米国占領下の日本に在留していた朝鮮人・中国人をいった語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいさんごくじん【第三国人】

当事国以外の国の人。
第二次大戦前および大戦中、日本の統治下にあった諸国の国民のうち、日本国内に居住した人々の俗称。敗戦後の一時期、主として台湾出身の中国人や、朝鮮人をさしていった。三国人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいさんごく‐じん【第三国人】

〘名〙
① 関係国以外の国の人。第三国の人。
② 第二次世界大戦後の一時期、それまで日本の植民地支配を受けた台湾朝鮮の人々のうち、在日していた人々を呼んだ俗称。昭和二二年(一九四七)外国人登録令の発布まで、法律の上で一般の外国人とは異なった扱いを受けていた。三国人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第三国人の関連情報