コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第三国人 ダイサンゴクジン

デジタル大辞泉の解説

だいさんごく‐じん【第三国人】

第三国の人。特に、第二次大戦後、米国占領下の日本に在留していた朝鮮人・中国人をいった語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいさんごくじん【第三国人】

当事国以外の国の人。
第二次大戦前および大戦中、日本の統治下にあった諸国の国民のうち、日本国内に居住した人々の俗称。敗戦後の一時期、主として台湾出身の中国人や、朝鮮人をさしていった。三国人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

第三国人の関連キーワード代理処罰三国人一時期国民諸国俗称

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第三国人の関連情報