第二種塩効果(英語表記)secondary salt effect

法則の辞典の解説

第二種塩効果【secondary salt effect】

共通イオン効果」ともいう.溶液中性塩類を添加したとき,反応速度変化する現象を広い意味での「中性塩効果」というが,そのうち,共通イオンの存在で平衡が移動し,錯体形成に変化が生じることが原因となっているものを「第二種塩効果」と呼んでいる.イオン強度の変化によって,それぞれの活量濃度が変化するのが原因となっている,第一種塩効果*と区別する.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android