コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第五王国派 だいごおうこくはFifth Monarchy Men

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第五王国派
だいごおうこくは
Fifth Monarchy Men

イギリスの清教徒の一派。世界の四大帝国 (アッシリアペルシアマケドニア,ローマ) の崩壊ののち,キリストが聖者たちとともに 1000年間支配する第五王国の到来がすでに近づいたと主張。清教徒革命において T.ハリソンらの指導のもとに,聖者による支配体制を確立するため,1653年 O.クロムウェルを支持して議会を解散させ指名議会を成立させたが,まもなく護国卿政権と対立し,ハリソンらは投獄された。 57年トマス・ベンナーの指導下に反クロムウェルの一揆を起したが鎮圧され,61年再度のベンナーの一揆を最後に消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

第五王国派の関連キーワード選民思想議会派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android