第1次戦略兵器制限取決め(読み)だいいちじせんりゃくへいきせいげんとりきめ(英語表記)Strategic Arms Limitation Talks agreements; SALT I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第1次戦略兵器制限取決め
だいいちじせんりゃくへいきせいげんとりきめ
Strategic Arms Limitation Talks agreements; SALT I

1969年11月からアメリカ合衆国とソビエト連邦間で行なわれた戦略兵器制限交渉の結果,1972年5月26日にモスクワでアメリカのリチャード・M.ニクソン大統領とソ連のレオニード・I.ブレジネフ共産党書記長との間で結ばれた取り決め。ABM制限条約戦略的攻撃兵器制限暫定協定からなる。ただし,戦略ミサイルの発射台数の制限のみで弾頭数の規制はないなど,軍備増強の可能性を残しており,むしろ米ソ間の軍備管理の枠組みが設定されたものといえる。1977年10月3日期限切れとなった。(→第2次戦略兵器制限取決め

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android