コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第1次戦略兵器制限取決め だいいちじせんりゃくへいきせいげんとりきめ Strategic Arms Limitation Talks agreements; SALT I

1件 の用語解説(第1次戦略兵器制限取決めの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第1次戦略兵器制限取決め
だいいちじせんりゃくへいきせいげんとりきめ
Strategic Arms Limitation Talks agreements; SALT I

1969年11月からアメリカ合衆国ソビエト連邦間で行なわれた戦略兵器制限交渉の結果,1972年5月26日にモスクワアメリカリチャード・M.ニクソン大統領とソ連のレオニード・I.ブレジネフ共産党書記長との間で結ばれた取り決め。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第1次戦略兵器制限取決めの関連キーワードアングロアメリカアメリカン合衆国ネブラスカ亜米利加アメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約第3条に基づく行政協定に伴う刑事特別法日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定日本とアメリカ合衆国との間の友好通商航海条約

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone