笹野名槍伝(読み)ささのめいそうでん

世界大百科事典 第2版の解説

ささのめいそうでん【笹野名槍伝】

明治期に流行した講談で《笹野権三(ごんざ)仇討》《笹野権三郎(ごんざぶろう)後日譚》《笹野権三名誉の鎗》などの名の速記本も残っている。槍術(そうじゆつ)宝蔵院流の名手で紀州家の臣,笹野権三郎が義妹お梅とともに艱難(かんなん)の末,義父(育て親)の仇を討つという話。この最後の仇討の場は,槍術の師である高田又兵衛,柔術の関口八郎,剣術の宮本武蔵,馬術の向井蔵人(くらんど)といった一代の勇士らが助勢等にかけつけるという豪華なしかけになっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android