コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹野名槍伝 ささのめいそうでん

1件 の用語解説(笹野名槍伝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ささのめいそうでん【笹野名槍伝】

明治期に流行した講談で《笹野権三(ごんざ)仇討》《笹野権三郎(ごんざぶろう)後日譚》《笹野権三名誉の鎗》などの名の速記本も残っている。槍術(そうじゆつ)宝蔵院流の名手で紀州家の臣,笹野権三郎が義妹お梅とともに艱難(かんなん)の末,義父(育て親)の仇を討つという話。この最後の仇討の場は,槍術の師である高田又兵衛,柔術の関口八郎,剣術の宮本武蔵,馬術の向井蔵人(くらんど)といった一代の勇士らが助勢等にかけつけるという豪華なしかけになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

笹野名槍伝の関連キーワード鑓の権三重帷子笹野権三ざざんざ節殿中拳相撲元禄小袖鑓の権三糸縷権三郎宮田権三郎山口権三郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone