コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田又兵衛 たかた またべえ

2件 の用語解説(高田又兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田又兵衛 たかた-またべえ

1590-1671 江戸時代前期の槍術(そうじゅつ)家。
天正(てんしょう)18年生まれ。宝蔵院胤栄(いんえい)の高弟中村尚政(ひさまさ)にまなび,宝蔵院流高田派をひらく。豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩主小笠原忠真につかえる。慶安4年将軍徳川家光の前で槍の技を披露した。寛文11年1月23日死去。82歳。伊賀(いが)(三重県)出身。名は吉次。通称ははじめ八兵衛。号は崇白。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高田又兵衛
たかだまたべえ
(1589―1671)

近世初期の槍術(そうじゅつ)家、宝蔵院流高田派の祖。伊賀国白樫(しらかし)(三重県伊賀市)の郷士の家に生まれ、初め八兵衛、名は吉次(よしつぐ)、のち崇白と号す。1602年(慶長7)14歳のとき、南都の宝蔵院胤栄(いんえい)の高弟、中村市右衛門直政(尚政)(なおまさ)の門に入り、15年十文字鎌(じゅうもんじかま)術63か条を相伝され、江戸へ出て名声をあげた。23年(元和9)明石(あかし)藩主小笠原忠政(おがさわらただまさ)に仕え、同家の小倉(こくら)移封にしたがい、37年島原の役に功があり、600石を領した。のち進退・屈伸・表裏・悠急・剛柔の10字を説き、法形101か条、巴(ともえ)の術15か条を考案するなど、十文字槍(やり)の哲理を深めた。51年(慶安4)将軍家光(いえみつ)の招きにより、十文字槍の妙技を上覧に供し、褒賞を受けた。吉次に男子4人あり、長男の吉深はゆえあって伊賀へ帰って上野藤堂(とうどう)氏に仕え500石、次男吉和は黒田藩(福岡)に招かれ500石を領し、三男八兵衛吉通、四男弥太郎吉全は小笠原家に仕えて小倉の宗家を維持した。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高田又兵衛の関連キーワード青岡弥左衛門荒川彦太夫打身佐内大庭勘助上村忠徳慶増安太夫清水新助種田正幸鳥山栄庵中山家吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone