仇敵(読み)アダガタキ

  • ×仇敵
  • あたかたき
  • きゅうてき キウ‥
  • きゅうてき〔キウ〕

デジタル大辞泉の解説

《古くは「あたかたき」》憎い相手。きゅうてき。
恨みや憎しみをいだいている相手。かたき。「年来の仇敵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (後世は「あだかたき」とも) 憎い相手。きゅうてき。
※落窪(10C後)二「中だちしたる人とても、あたかたきにもあらず、四の君の乳母(めのと)なれば」
〘名〙 自分の憎しみの対象である、かたき。あだかたき。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)中「すべて御代官所を見ること仇敵のごとく」 〔春秋左伝‐昭公五年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仇敵の関連情報