コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等価定理 とうかていり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等価定理
とうかていり

国債と課税とが資源配分に及ぼす経済的効果は等価であると主張する定理。古くは D.リカードによって唱えられ,新しくは R.J.バローによって唱えられた。国債は将来の課税によって償還される。したがって,国債の発行は,課税を現在から将来に繰延べることである。たとえば現在 100円で発行された国債が将来の満期時に元利合計 120円で償還される場合,この 120円は満期時の課税によって支払われる。この定理の前提,すなわち個人の合理的行動と資本市場の完全性が満たされている場合,ケインズ的な財政政策の効果に対する批判の根拠となりうる。なぜなら赤字国債による財政支出は,増税による財政支出と等価となり,可処分所得の減少による有効需要の相殺という事態が考えられるからである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

とうかていり【等価定理】

政府が財政政策を行うための財源を公債発行に求める場合、その利子支払いや償還は結局は将来の租税収入によるのであるから、財源を最初から租税に求める場合と経済的効果は等しいとする考え。リカードの等価定理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

等価定理の関連キーワードリカードの等価定理マイヤーソン財源租税

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android