コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤字国債 あかじこくさい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

赤字国債

財政赤字など税収だけでは足りない時に、資金調達のために国が発行する国債。発行に際しては特別の立法が必要となる。バブル崩壊後、税収の減少と比例して国債発行額は上昇傾向にあり、05年度末においておよそ744兆円となっている。国債は国および地方公共団体が行なう借金。その元本や利息の返済は、基本的に税収によりまかなわれるため、赤字国債の発行を減少させる努力が進められている。阪神大震災後、その補償などの予算を計上するため、震災復旧財源として赤字国債が発行された時もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

赤字国債

財政法第4条は、「国の歳出は、公債又は借入金以外の歳入を以て、その財源としなければならない」と定めている。しかし、但し書きを設けて、公共事業費、出資金及び貸付金については、国会の議決を受けた金額の範囲内において、公債あるいは借入金で賄うことができるとしている。この但し書きを使って、1966年度以来、公共事業費に充当する建設国債が発行されてきた。経常経費に充当する公債の発行は、財政法上禁止されている。ところが、65年度の補正予算において、経常経費の赤字を埋めるための赤字国債が発行され、さらに、日本が財政の危機に陥った75年度以来、赤字国債の発行が常態となった。この赤字国債は、毎年度財政法の特例法を国会に提出し、その議決を得て発行される。赤字国債が「特例公債」といわれるゆえんである。政府は90年度に赤字国債の発行をゼロにすることを公約し、91年度予算で実現をみた。しかし94年度から再び、発行され続けている。赤字国債ならびに建設国債の累積残高は、2006年3月末に約536.5兆円と見込まれている。

(新藤宗幸 千葉大学法経学部教授 / 2007年)

赤字国債

建設国債とは、公共事業などの投資的経費のために発行される国債。財政法では「国の歳出は、公債又は借入金以外の歳入を以て、その財源としなければならない」と、国債発行を原則として禁止している。しかし、同法第4条の「但し書き」では、公共事業費、出資金及び貸付金という投資的経費に限り、国債発行を認めるという建設公債原則を採用している。これに対して赤字国債とは、財政法では認められていない、歳入を補填(ほてん)するために発行する国債である。赤字国債の発行は財政法に違反しており、毎年度特例法を成立させて発行している(よって特例国債とも呼ばれる)。平成19(2007)年度予算では、建設国債は5兆2310億円、赤字国債は20兆2010億円となっている。

(神野直彦 東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

赤字国債

国が歳入不足を借金で穴埋めするため発行する国債の一種。財政法で認めているのは、使い道を公共事業などに限った建設国債のみだが、それでも足りない場合は単年度の特例法を制定し、使い道が制限されない赤字国債を発行している。1975年度以降は、税収が好調だった一時期を除いて赤字国債の発行が続いており、残高は300兆円余りになる。

(2008-10-10 朝日新聞 朝刊 政治)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

会計用語キーワード辞典の解説

赤字国債

国の一般会計の赤字補填のため、特例法によって発行される国債のことです。道路や住宅、湾など公共事業の財源にあてるために発行されます。財政法で認められた建設国債とは区別されています。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤字国債
あかじこくさい
deficit covering bond

政府が経常収入の不足を補填するために発行する国債。日本は財政法4条において建設国債だけを例外的に認めることにしているので,赤字国債の発行は財政法上は認められていない。そのため不況時の税収入不足の補填あるいは景気対策の財源の確保のためにやむをえず赤字国債を発行しなければならないときは,その年度ごとに「公債発行の特例に関する法律」を制定し,この法律に基づいて発行が行われている。その意味で財政法4条に基づいて発行する建設国債を4条公債と呼び,これに対して赤字国債を特例公債と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤字国債
あかじこくさい
deficit covering bond

公共事業費などの財源にあてられる建設国債と異なり、歳入に不足が生じた際に、人件費などの政策経費に必要な資金を調達するために発行される国債。特例国債ともいう。財政法上は認められていないため、発行するには特別立法を必要とする。戦後本格的に発行されたのは第一次石油危機後の1975年(昭和50)補正予算のときが最初で、以後毎年発行。税収の伸びで1990年度には発行ゼロとしたが、1994年度からふたたび発行され、財政構造改革法による予算となった1998年度政府案でも7兆1300億円。2000年度政府予算では23兆4600億円で、当初予算では過去最高になった。[三条 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の赤字国債の言及

【赤字公債】より

…〈赤字〉とは経常収入が歳出をまかなうのに不足する状況であるから,公債(国債)はすべて赤字公債(赤字国債)といってよい。しかし,日本では,公債を赤字公債と建設公債とに分け,赤字公債に独特の意味をもたせている。…

【銀行券】より

…さらに42年の改正日本銀行法によって銀行券の名称は日本銀行券(日銀券)に改められ,また最高発行額屈伸制限制度が恒久的制度と定められた。 1932年以降,赤字国債が毎年発行され,日本銀行がこれを直接引き受けたため,戦時中は日本銀行券は実質的には不換紙幣となったともいえる。戦後の49年度以降,均衡財政が堅持されたが,65年度以降,国債が発行された。…

【国債】より

…戦時中の起債計画は廃止され,国債発行はGHQの許可制となった。1947年制定の財政法は赤字国債の発行,日銀の国債引受けを禁止した。もっとも敗戦後,大蔵省証券,食糧証券など政府短期証券(準国債)は日銀引受けで発行されているが,47年以降64年まで長期国債は姿を消すのである。…

【戦時インフレーション】より

…国家が総力をあげて戦争を遂行する際には,インフレーションが発生するための好条件がそろうことになる。第1に,戦費は経常的な税収に比して巨額であり,大部分は赤字国債(赤字公債)の増発により調達される。この結果,一方では総需要が無制限に拡大してインフレ・ギャップを生む可能性が強い。…

※「赤字国債」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤字国債の関連キーワード中立命題[財政理論]国債整理基金特別会計財政インフレーション戦時インフレーション借換(かりかえ)債財政構造改革会議財政法と均衡財政特例公債法案日本の財政特例公債法経済審議会竹内 道雄子ども手当財政再建派中曽根内閣公債依存度国債依存度鈴木内閣大平内閣財政赤字

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤字国債の関連情報