コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本市場 しほんしじょうcapital market

翻訳|capital market

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本市場
しほんしじょう
capital market

一般には企業の投資のために必要な資金の調達が行われる市場をいう。企業の投資資金は比較的長期にわたることが多いので長期金融市場ともいわれ,運転資金調達の場としての貨幣市場 (短期金融市場ともいわれる) と区別される。しかし用途のいかんを問わず長期の資金貸借が行われる場を資本市場ということもある。資本市場ないし長期金融市場は,長期貸付市場と新証券発行市場 (起債市場) ならびに既発行証券売買市場 (証券流通市場) とに分けられる。前者は金融機関が長期貸出しを行う市場で,後者株式公社債の発行,売買市場である。なお後者を一括して広義証券市場という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しほん‐しじょう〔‐シヂヤウ〕【資本市場】

金融市場のうち、企業の設備資金や長期運転資金などの取引が行われる市場。株式社債などの証券市場をさすことが多いが、長期貸出金市場を含めていう場合もある。長期金融市場。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しほんしじょう【資本市場 capital market】

広義の金融市場は,貸借される資金が長期か短期かによって,長期金融市場と短期金融市場に分けられる。資本市場は,このうち長期金融市場をさし,狭義の金融市場あるいは貨幣市場ともよばれる短期金融市場money marketとの対立用語となっている。本来,資本市場という言葉は,企業が設備投資に必要な長期的な資金,すなわち資本を,株式・社債の発行によって調達する過程から生まれたものである。その後,国債その他の公共債の発行額が増大したので,資本市場の対象は,これら公社債と株式の発行を引受け・消化,ならびにその売買の総過程をさすことになり,証券市場同義語として用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しほんしじょう【資本市場】

長期資金の売買が行われる金融市場。長期貸付市場と広義の証券市場とに分かれる。長期金融市場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

資本市場の関連キーワードFitch Ratings Limited日本インベスター・リレーションズ協会グローバル・カストディ・サービス国家企業法[ソビエト連邦]アジア・ゲートウェイ構想社会保障保全・減債基金オーバーボローイングティエリー ポルテディスクロージャー日米円・ドル委員会資本市場振興財団国際金融センター純粋経済学要論マクロ政策協調カストディアン証券取引審議会オフショア市場マーコビッツ連結財務諸表国際金融市場

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

資本市場の関連情報