等儕(読み)とうせい

精選版 日本国語大辞典「等儕」の解説

とう‐せい【等儕】

〘名〙 (「せい」は「儕」の慣用音) なかま。ともがら。同輩。等輩。同儕。とうさい
※聖徳太子伝暦(917頃か)下「十僧辞謝。垂涙密語等儕」 〔後漢書‐仲長統伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「等儕」の解説

【等儕】とうせい

仲間。同輩。〔後漢書、仲長統伝〕(昌言、理乱)天命に當る、未だ始めより天下なるらざるなり。~夫(そ)れ或いは曾(かつ)て長爲(た)り。或いは曾て我と等儕爲り。

字通「等」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android