コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等澍院 トウジュイン

デジタル大辞泉の解説

とうじゅ‐いん〔‐ヰン〕【等澍院】

北海道様似郡様似町にある天台宗の寺。山号帰嚮山。寺伝によれば円空の創建という。江戸幕府が文化元年(1804)北辺警備のために設置した蝦夷三大寺の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうじゅいん【等澍院】

北海道日高支庁様似郡様似町にある天台宗の寺。帰嚮山と号す。1804年(文化1),江戸幕府により蝦夷三官寺の一つとして,民心の安定,アイヌの教化を目的に創建された。檀家のない寺院なので,幕府から年間米100俵のほか扶持米,手当金が支給された。初代住職の秀暁以来12代徳弁まで存続したが,1885年に廃寺,その5年後に護摩堂が修復された。洪水,熊の害,国道改修などにより数度の移転をへて今日に至る。【佐々木 馨】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

等澍院の関連キーワード北海道様似郡様似町様似[町]国泰寺跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android