コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋交い/筋違い すじかい

リフォーム用語集の解説

筋交い

柱と柱の間に斜めに入れて建築物足場の構造を補強する部材。「筋交」「筋違」とも表記され、ブレース(brace)とも呼ばれる。住宅においては壁に斜めに入れ、水平力に抵抗するための部材とすることで耐力壁とする。構造体耐震性を強める効果がある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

筋交い/筋違いの関連キーワード愛知県と大学の認定工法の例立て文・立文・竪文伝統木造構法伝統構法在来工法耐震構造蜘蛛手違い目

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android