コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋交い/筋違い すじかい

2件 の用語解説(筋交い/筋違いの意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

すじかい【筋交い/筋違い】

軸組み構造の建築に用いる補強部材。柱と土台・梁(はり)などで囲まれた四角形枠組みに、斜めに取り付ける。地震や風圧などによる横揺れを小さくする働きがある。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

リフォーム用語集の解説

筋交い

柱と柱の間に斜めに入れて建築物や足場の構造を補強する部材。「筋交」「筋違」とも表記され、ブレース(brace)とも呼ばれる。住宅においては壁に斜めに入れ、水平力に抵抗するための部材とすることで耐力壁とする。構造体の耐震性を強める効果がある。

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone