筋違(読み)すじかい

精選版 日本国語大辞典の解説

すじ‐かい すぢかひ【筋違】

〘名〙
① 斜めに交差していること。また、物の位置、状態や移動のしかたなどが斜めであったり、傾斜したりしていること。はすかい。すじちがい。すじかえ。
※源平盛衰記(14C前)三五「向の岡へ直違(スヂカイ)にと志す」
※俳諧・蕪村句集(1784)春「几董とわきのはまにあそびし時 筋違にふとん敷たり宵の春」
② 正しい筋道からはずれていること。正しい方向とは異なっていること。
※応永本論語抄(1420)微子第一八「今天下いづくも邪しますちかいに曲たり」
③ 建築で、地震や台風に対して建物を強くするために、柱と柱の間に斜めにかけわたして固定するもの。〔日本建築辞彙(1906)〕
④ 背中の一部で、灸(きゅう)をすえる場所。脊椎の左右に一か所ずつある灸のつぼで、小児の風邪や、胃腸病予防に効果があるとする。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)二「風門(ちりげ)・筋違(スヂカヒ)に灸をしたれば、鬼の如く健かになれり」
⑤ 紋の一つ。二本の直線が斜めに交差している図柄。違い木。
※太平記(14C後)一六「二つ引両・四目結・直違(スヂカヒ)・左巴・倚かかりの輪違の旗、五六百流差連て」

すじ‐か・う すぢかふ【筋違】

[1] 〘自ハ四〙 (「筋交(か)う」の意)
① 物が斜めに交差する。また、斜めになる。はすかいになる。
※落窪(10C後)二「よしとほめし装束も、すぢかひ、あやしげに出づれば」
※源氏(1001‐14頃)常夏「くだりの程、端ざまにすぢかひて、倒れぬべく見ゆるを」
② 斜めに向かい合う。
※枕(10C終)一八四「いかでかはすぢかひ御覧ぜられんとて、なほ伏したれば」
③ 考えや行動が、他のそれと行き違う。そむく。
※浜松中納言(11C中)四「あまり世にすぢかひて、すずろなる山ごもりがちに物せさせ給ひ、ひがひがしきやうなり」
[2] 〘他ハ下二〙 斜めにする。傾くようにする。ゆがめる。
俊頼髄脳(1115頃)「くもでといへるは〈略〉柱をたよりにて木をすぢかへてうちたるをいふなり」

すじ‐かえ すぢかへ【筋違】

〘名〙 =すじかい(筋違)
※南海寄帰内法伝平安後期点(1050頃)一「角(スチカヘ)に両つの頭(はし)(ひた)めて、対へる処を縫ひ合せよ」

すじ‐ちがい すぢちがひ【筋違】

〘名〙
① はすかいであること。斜めであること。傾斜して交わっていること。すじかい。
※曾我物語(南北朝頃)八「鹿矢を打つがひ、よっぴいてはなつ。おっさま、すちちかひに首をかけず、つっとぞいぬきたる」
② (形動) 道理にかなわないこと。条理に外れていること。また、気持や行動にゆきちがいのあるさま。見当違い。
洒落本・中洲雀(1777)「おれが所へはだし参をして頼だけれども、是迚(とて)も大きに筋違(スシチガイ)
※大阪の宿(1925‐26)〈水上滝太郎〉一二「そりゃあいけない。君に弁償して貰ふなんて筋違ひだ」
③ 筋肉を、急に動かしたり、または無理な動きをしたりすることによって、いためること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筋違の関連情報