コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋痙縮 きんけいしゅく muscle spasticity

1件 の用語解説(筋痙縮の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんけいしゅく【筋痙縮 muscle spasticity】

筋緊張(筋トーヌス)の亢進した状態の一つ。筋痙縮では,安静時には四肢の筋肉はふつう弛緩した状態にあるが,他動的に筋肉を伸ばそうとすると抵抗を感じ(これは伸展反射stretch reflexによる),さらに伸展速度を増すとそれに伴って抵抗が強まる。つまり伸展反射の亢進した状態になっている。典型的な例では,ある程度抵抗が強くなったところで急激に抵抗がなくなる〈折りたたみナイフ現象clasp knife phenomenon〉がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

筋痙縮の関連キーワード実証クザーヌスネプトゥーヌスヤーヌス異常γグロブリン血症キセロゲル甲状腺機能亢進三重項酸素ツルゴールシャトー/ドメーヌ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone