コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伸展反射 しんてんはんしゃstretch reflex

世界大百科事典 第2版の解説

しんてんはんしゃ【伸展反射 stretch reflex】

骨格筋に引っぱりの力が加わったときに起こる反射で,伸張反射ともいう。重力に抗して関節を伸ばさせて,直立姿勢を保つときに働く伸筋でとくによくみられる。正常な神経支配を受けている骨格筋ではこのような現象が起こるが,筋肉を支配する神経を切り筋肉と中枢神経系の連絡を断つと収縮は起こらないことから,筋伸展の情報が中枢神経系を介してその筋肉を反射的に収縮させることがわかる。筋伸展の受容器は筋紡錘で,伸展反射の経路の大部分は一次求心性ニューロン(信号を伝える神経繊維)と運動ニューロンが一つのシナプスを介してつながった単シナプス経路である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の伸展反射の言及

【膝蓋腱反射】より

…この反射を膝蓋腱反射という。これは,腱をたたいたことにより大腿四頭筋が一時的に引き伸ばされて起こった伸展反射で,大腿四頭筋反射patellar tendon reflexともいう。反射中枢は,ヒトでは第2~4腰髄にある。…

※「伸展反射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報