コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊髄損傷 せきずいそんしょう spinal cord injury

6件 の用語解説(脊髄損傷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脊髄損傷
せきずいそんしょう
spinal cord injury

脊髄が損傷すると,仙髄損傷ではくるぶしから下,腰髄損傷では下肢以下,胸髄損傷では躯幹以下,頸髄損傷では上肢以下が麻痺し,感覚および運動障害が起る。第4頸髄節以上の損傷では横隔膜の運動障害も起るため,呼吸が停止して死亡する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

脊髄損傷

脊髄は脳から背骨の中を通って伸びる中枢神経で、手足などの末端へ脳からの指令を送ったり、末端の信号を脳へ伝えたりしている。厚生労働省の推計(2006年)では、脊髄損傷者数は全国で約6万人。交通事故や転倒、スポーツ時の事故などが要因といわれる。

(2015-04-10 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せきずい‐そんしょう〔‐ソンシヤウ〕【脊髄損傷】

脊柱に強い力が加わり、脊髄が損傷することによって、損傷部以下の神経が麻痺し、運動・知覚・自律機能に障害が生じる病態。損傷部位が頭部に近いほど障害が重くなる。交通事故、高所からの転落、落下物の下敷き、スポーツ外傷などが原因となる場合が多い。中枢神経系は再生しにくいため治療は困難であるが、幹細胞を用いて中枢神経の機能を再生する治療法の研究が進められている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せきずいそんしょう【脊髄損傷 spinal cord injury】

なんらかの原因で脊椎に圧力がかかり,脊椎が損傷を受け,この結果,二次的に脊髄が損傷を受けることによって,運動知覚障害が起こったもの。脊椎が受ける損傷の部位によって,症状は異なる。全脊椎のうち最も損傷を受けやすいのは,第5~7頸椎,第4~7胸椎,第10胸椎~第2腰椎の3ヵ所である。頸髄の損傷では四肢麻痺をきたし,体幹機能障害呼吸機能障害も起こる。胸髄レベル以下の損傷では両下肢の麻痺(対麻痺)を生ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せきずいそんしょう【脊髄損傷】

椎骨ついこつの骨折・脱臼や外傷により脊髄が損傷を受けること。下肢の麻痺や呼吸麻痺・排尿障害などを伴う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脊髄損傷
せきずいそんしょう

脊髄の損傷で、脊椎(せきつい)の骨折、脱臼(だっきゅう)、脱臼骨折の場合におこることが多い。これらの脊椎外傷の40%に脊髄損傷を伴うとされている。とくに頸椎(けいつい)の外傷では頸髄損傷を伴いやすい。
 脊髄が損傷されると、損傷高位の支配領域に運動麻痺(まひ)と知覚麻痺が生ずる。脊髄の損傷程度により麻痺の程度が異なり、完全麻痺と不完全麻痺とがある。脊髄は一度損傷を受けると元の正常な状態に戻らないので、麻痺が完全に治ることはない。第四頸髄以上の頸髄損傷では呼吸麻痺をきたすので、受傷後短時間で死亡することがある。また頸髄損傷では、下肢の麻痺だけでなく上肢の麻痺もきたす。脊髄損傷では膀胱(ぼうこう)・直腸麻痺もきたすので、排尿や排便の障害も現れる。膀胱炎を発生しやすく、慢性化し、また尿路感染が腎盂(じんう)腎炎まで進展して重篤な症状をきたすことがある。膀胱結石などの尿路結石が発生することもある。麻痺領域の皮膚、とくに骨格の浅い部位、たとえば仙骨部、踵(しょう)部(かかと)などには褥瘡(じょくそう)(床ずれ)が発生しやすく、かつ難治性である。
 急性期には局所の安静を守ることが第一であり、当初から褥瘡、膀胱感染、関節の拘縮に対する注意が必要である。急性期を過ぎたら積極的にリハビリテーションを開始し、自力での体位変換訓練、車椅子(いす)訓練、さらには起立訓練、歩行訓練と可能な限り機能を向上させる。また同時に、社会復帰のために職能訓練も行われる。したがって脊髄損傷患者の治療には、医師のみならず、看護師、理学療法士、作業療法士、職業訓練士はもちろん、社会福祉関係の人々の緊密な協力が必要である。[永井 隆]
『徳弘昭博著『脊髄損傷――日常生活における自己管理のすすめ』第2版(2001・医学書院) ▽菊池晴彦・平林洌監修、花北順哉ほか編『脊椎・脊髄外科の最前線』(2002・先端医療技術研究所)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の脊髄損傷の言及

【リハビリテーション】より

…一般に日常生活動作が可能で身辺自立のできる者は,身体障害者授産施設を含めて就労の道が開ける可能性があるが,身辺自立が困難で常時介護を要する者は,たとえ知的能力が高くても,現状では就労の機会を得ることは難しい。
[脊髄損傷のリハビリテーション]
 日本では年間1500~2000人の脊髄損傷患者が発生するといわれる。1970年度の厚生省の調査によると,外傷性脊髄損傷患者が約3万人,その他の脊髄麻痺患者が約3万9000人となっている。…

※「脊髄損傷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脊髄損傷の関連キーワードうっ血脊椎カリエス頸部脊椎症・頚部脊椎症脊椎炎脊椎骨脊椎辷り症脊椎側湾症・脊椎側彎症・脊椎側弯症脊椎湾曲・脊椎彎曲・脊椎弯曲脱髄脊椎癒合症/癒合椎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脊髄損傷の関連情報