コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

随意運動 ズイイウンドウ

世界大百科事典 第2版の解説

ずいいうんどう【随意運動 voluntary movement】

意識的あるいはある意図のもとに行う正常の運動をいう。人間をはじめとするあらゆる動物の運動は,随意運動と反射運動とから成り立っているといえる。随意運動を行うためには,命令信号の伝達系としての中枢神経末梢神経,効果器としての筋肉,腱・骨等に異常がなく正常に働くことが前提となる。随意運動発現の神経機序に関しては数多くの研究が行われているが,いまだに十分に解明されていない。おそらく,外界および内界(体内)からの刺激が,大脳連合野で統合解析されて,運動野に伝達され,ここから錐体路錐体外路の下行路を経て脊髄の前角運動細胞に伝えられ,筋肉を動かすと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ずいいうんどう【随意運動】

動物の主体的な意思によって起こると認められる運動。随意筋において見られる。 ⇔ 不随意運動

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

随意運動
ずいいうんどう

自分の思いどおりにできる運動動作をいう。随意運動を行うためにはまず運動の意欲をおこし(脳幹網様体と辺縁系が担当する)、この意欲に沿って運動指令のプログラムが組まれ(大脳皮質連合野、大脳基底核、小脳などが担当する)、さらに、これに従ってそれぞれの筋肉へ運動の指令が送られることが必要である。この最後の働きをするのが大脳皮質の運動野と、そこから運動の指令を筋肉まで送る運動神経系である。運動神経系には錐体(すいたい)路と錐体外路があるが、主役を演じるのは錐体路である。しかし、随意運動を巧妙に遂行するうえで錐体外路は不可欠である。また、運動の指令にあっては、筋肉、関節、皮膚などの感覚器から運動の状況を刻々と大脳皮質に情報として知らせるフィードバック(帰還)の仕組みも重要な役割をもっている。なお、随意運動に先だってヒトの脳波にはゆっくりとした陰性波(運動準備電位)がみられる。運動野の錐体細胞の活動はこの運動準備電位に対応してみられるので、運動準備電位はニューロン(神経細胞)に発生する随意的な命令といえる。[鳥居鎮夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の随意運動の言及

【運動】より

…特別な形の運動として,外眼筋の働きで視線をかえる眼球運動や,顔面の表情筋による表情の変化などがある。これらの運動を可能にしている骨格筋はすべて神経の支配を受けているが,大脳の意志に基づく随意運動と,無意識に自動的に生ずる反射運動に分けることもある。
[運動のメカニズム]
 (1)関節 身体各部位の位置の変化は,筋収縮により関節を軸とした回転運動に基づく。…

※「随意運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

随意運動の関連キーワードホール(Marshall Hall)クロイツフェルト・ヤコブ病ベネディクト症候群ミオクローヌス錐体外路症候群ハンチントン病アテトーシス異常運動疾患ジスキネジー嗜眠性脳炎体性神経系動物催眠ヤコブ病チック症PLMD運動障害運動失調運動中枢CJD骨格筋

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android