コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水沢 みずさわ

9件 の用語解説(水沢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水沢
みずさわ

岩手県南部,奥州市中部の旧市域。北上盆地の南部に位置する。中央を北上川が貫流する。 1954年水沢町と佐倉河村,真城村,姉体村,羽田村,黒石村の5村が合体して市制施行。 2006年江刺市,前沢町,胆沢町,衣川村と合体して奥州市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すい‐たく【水沢】

水のあるさわ。水のたまっている湿地。
「水内(みのち)は古代には一面の―であったろう」〈藤村千曲川のスケッチ

みずさわ〔みづさは〕【水沢】

岩手県南部、北上川沿岸にあった市。平成18年(2006)2月、江刺市・前沢町・胆沢(いさわ)町・衣川村と合併して奥州市となる。→奥州

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいたく【水沢】

水のある沢さわ

みずさわ【水沢】

岩手県南部、奥州市の地名。北上盆地穀倉地帯の中心。緯度観測所(現国立天文台水沢観測所)・胆沢いざわ城趾がある。南部風鈴の産地。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水沢
みずさわ

岩手県中南部にあった旧市名(水沢市)。現在は奥州(おうしゅう)市の中央部東寄りを占める地域。1954年(昭和29)胆沢(いさわ)郡水沢町と佐倉河(さくらかわ)、真城(しんじょう)、姉体(あねたい)の3村、江刺(えさし)郡羽田(はだ)、黒石の2村が合併して市制施行。2006年(平成18)江刺市、胆沢郡前沢(まえさわ)町、胆沢町、衣川(ころもがわ)村と合併して奥州市となった。旧市域の中央を北上(きたかみ)川が貫流する。JR東北本線、東北新幹線、国道4号、343号、397号、東北自動車道が通じ水沢インターチェンジがある。
 802年(延暦21)坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が佐倉河に胆沢城を築き、奥羽平定の拠点となった。江戸時代は仙台藩領で、1629年(寛永6)以降明治維新まで伊達(だて)氏の家臣留守(るす)氏の支配下に置かれた。
 北上川東部は丘陵地であるが、西部は扇状地で肥沃(ひよく)な農地をなし、水稲、ムギ、豆類、リンゴなどの栽培、酪農、畜産が行われる。南部鉄器の生産も盛ん。1899年(明治32)設置の緯度観測所は、現在は国立天文台水沢VLBI観測所となっている。国指定史跡に胆沢城跡、幕末の先覚者高野長英(たかのちょうえい)旧宅、国指定重要文化財に黒石(こくせき)寺の木造薬師如来坐像(にょらいざぞう)などがある。行事は裸祭りの黒石寺蘇民(そみん)祭、屋台囃子(ばやし)で有名な日高火防(ひだかひぶせ)祭などが知られる。高野長英、政治家の後藤新平、斎藤実(まこと)の生地で、それぞれ記念館がある。[金野一]
『『水沢市史』全6巻(1974~1981・水沢市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水沢の関連情報