コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋筋膜性腰痛症 きんきんまくせいようつうしょうMyofascial low back pain

知恵蔵miniの解説

筋筋膜性腰痛症

腰の筋肉の過剰な緊張や、それに伴う筋膜の損傷により起こる腰痛のこと。筋・筋膜性腰痛症とも表記される。長時間の無理な姿勢やスポーツなどによる急激な腰への負荷が主原因であり、骨や関節には異常が見られない。一般的な腰痛の症状のうち8割は同疾患によるともいわれる。俗に「ぎっくり腰」と呼ばれるものは、急性の筋筋膜性腰痛症であることがほとんどで、薬剤投与や湿布などにより炎症を収め、その後ストレッチングリハビリなどを行う。疲労の蓄積により起こる慢性症状の場合は、湿布・マッサージ・入浴・腰痛体操などで血行を改善し、痛みや重苦しさを軽減する。予防・再発防止には、筋肉の過緊張に注意しつつ、腹筋や背筋の強化を図ることが重要となる。

(2014-9-26)

筋筋膜性腰痛症

腰の筋肉の過剰な緊張や、それに伴う筋膜の損傷により起こる腰痛のこと。筋・筋膜性腰痛症とも表記される。長時間の無理な姿勢やスポーツなどによる急激な腰への負荷が主原因であり、骨や関節には異常が見られない。一般的な腰痛の症状のうち8割は同疾患によるともいわれる。俗に「ぎっくり腰」と呼ばれるものは、急性の筋筋膜性腰痛症であることがほとんどで、薬剤投与や湿布などにより炎症を収め、その後ストレッチングやリハビリなどを行う。疲労の蓄積により起こる慢性症状の場合は、湿布・マッサージ・入浴・腰痛体操などで血行を改善し、痛みや重苦しさを軽減する。予防・再発防止には、筋肉の過緊張に注意しつつ、腹筋や背筋の強化を図ることが重要となる。

(2014-9-26)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android