コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫奥 ツクシノオク

デジタル大辞泉の解説

つくしのおく【筑紫奥】

狂言。道連れになった筑紫の奥の百姓丹波の百姓とが、一緒に都の領主年貢を納め、作っている田の分だけ笑えと命令され、笑ってお酒を頂く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つくしのおく【筑紫奥】

狂言。筑紫の奥の百姓と丹波の百姓が年貢を納め、領主から所有の田一反につき一声ずつ笑えと命じられる。筑紫は二声、丹波は一声半笑い、最後には取り次ぎ役をくすぐって、めでたく三人で笑う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑紫奥
つくしのおく

狂言の曲名。脇(わき)狂言・百姓(ひゃくしょう)物。筑紫の奥の百姓が在京領主のもとへ年貢の唐物(からもの)(中国渡来品)を持って上京の途中、これも年貢の柑橘(かんきつ)類を同じ屋形(やかた)へ納めに行く丹波(たんば)の国の百姓(シテ)と道連れになる。屋形の奏者(取次役)は、領主が、遠く隔たった両国の者が同時に年貢を納めたのを喜び、めいめいその品々をいえとの意向だと伝える。2人は、年貢の品目を述べたて、万雑公事(まんぞうくじ)(諸課税)を免除される。ところがさらに、田一反につき一笑いせよとの命である。二反耕作している筑紫の奥の百姓が二笑いすると、丹波の百姓は二笑い目に途中で急にやめてしまう。一反半なのである。さて帰りかけた両人が立ち戻り、奏者も誘って3人いっしょに笑って終曲する。めでたさ本位の脇狂言らしい曲。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

筑紫奥の関連キーワード狂言現行曲一覧百姓物小林狂言

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android