コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫奥 ツクシノオク

3件 の用語解説(筑紫奥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つくしのおく【筑紫奥】

狂言。道連れになった筑紫の奥の百姓と丹波の百姓とが、一緒に都の領主に年貢を納め、作っている田の分だけ笑えと命令され、笑ってお酒を頂く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つくしのおく【筑紫奥】

狂言。筑紫の奥の百姓と丹波の百姓が年貢を納め、領主から所有の田一反につき一声ずつ笑えと命じられる。筑紫は二声、丹波は一声半笑い、最後には取り次ぎ役をくすぐって、めでたく三人で笑う。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑紫奥
つくしのおく

狂言の曲名。脇(わき)狂言・百姓(ひゃくしょう)物。筑紫の奥の百姓が在京領主のもとへ年貢の唐物(からもの)(中国渡来品)を持って上京の途中、これも年貢の柑橘(かんきつ)類を同じ屋形(やかた)へ納めに行く丹波(たんば)の国の百姓(シテ)と道連れになる。屋形の奏者(取次役)は、領主が、遠く隔たった両国の者が同時に年貢を納めたのを喜び、めいめいその品々をいえとの意向だと伝える。2人は、年貢の品目を述べたて、万雑公事(まんぞうくじ)(諸課税)を免除される。ところがさらに、田一反につき一笑いせよとの命である。二反耕作している筑紫の奥の百姓が二笑いすると、丹波の百姓は二笑い目に途中で急にやめてしまう。一反半なのである。さて帰りかけた両人が立ち戻り、奏者も誘って3人いっしょに笑って終曲する。めでたさ本位の脇狂言らしい曲。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筑紫奥の関連情報