本位(読み)ほんい

精選版 日本国語大辞典「本位」の解説

ほん‐い ‥ヰ【本位】

〘名〙
① もとの位。以前の位階。
※続日本紀‐天平一八年(746)閏九月乙酉「无位塩焼王授本位正四位下
② 勲位に対して、常の位階。文位。
※神皇正統記(1339‐43)下「つねの官位のほかに勲位といふしなをおきて又本位ある人、これを兼ねたるも有るべし」
③ もといた場所。原位置。
御堂関白記‐寛仁二年(1018)正月三日「進奉加御冠、退従廂行西立本位」
④ 判断や行動をするときに中心とする基準
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「相対して重と定り善と定りたるものを議論の本位と名く」
⑤ 江戸時代、遊女の最高位の者。太夫。松の位。
※浮世草子・好色床談義(1689)五「松とも太夫とも左馬とも、其外上官、本位、松職、高躰抔いへり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android